聖ローザクリニックの確かな医療技術と豊かなサービスを紹介

フリースタイル分娩

横浜で人気の聖ローザクリニックでも行われている、フリースタイル分娩とは?調べているページです。

フリースタイル分娩とは

フリースタイル分娩とは、その名の通り、自由な姿勢で分娩する方法。
「自分の好きな格好をできるから楽だった」「自分で産んだ!という実感がある」などの声が聞かれ、近年注目されている出産スタイルです。

妊婦イメージフリースタイルに決まりはなく、座産・横向き・仰向け・四つ這い・スクワット・立位など、妊婦の好きな姿勢を取れるのが特徴。陣痛時にも自由な姿勢が取れるので、心身共に「楽」と感じることが多いようです。

痛みの逃し方や楽な姿勢は人によって違うため、自由に姿勢を変えられるというのは、とても心地よいことなのです。また、自分の好きなスタイルを取れるということはリラックスにも繋がるため、スムーズな分娩にも有効です。

ちなみに、医療技術・機器に頼りすぎず、自らの力と意思を持って臨むお産をアクティブバースと呼びます。これは、「アクティブ(積極的)」と「バース(誕生)」を合わせた造語。英国人女性であるジャネット・バラスカスさんが提唱した方法で、近年のフリースタイル出産ブームは、このアクティブバースに影響されたと言われています。

フリースタイル分娩の一例

  • 仰向け…ごく一般的な分娩スタイル。仰向けは子宮の重みで下大静脈が圧迫されやすく、仰臥位低血圧症候群を起こすこともあるので注意が必要。会陰保護や切開など、医療従事者などの介助がしやすい姿勢と言えます。
  • 横向き…下大静脈の圧迫が少なく、母体の疲労も少ないスタイル。胎児の下降は遅くなりがちです。
  • 四つん這い…強い陣痛を緩和したり、胎児の下降が早い場合に取られるスタイル。腰痛や股関節痛がある方にもおすすめ。
  • 蹲踞位(そんきょい)…しゃがみこんだ姿勢、いわゆるスクワットの姿勢です。重力の力を借りられるので胎児の下降は早くなりますが、陣痛も強まります。いきむ方向を掴みやすいのがメリット。
  • 立位…壁や人に寄りかかった状態。胎児の下降が遅い場合などに有効です。長時間だと疲労が強くなりますが、自分で自分のお産を見ることができるというメリットも。