聖ローザクリニックの確かな医療技術と豊かなサービスを紹介

無痛分娩

横浜の聖ローザクリニックで行われている、硬膜外麻酔を利用した、無痛分娩を紹介します。

聖ローザクリニック(横浜)の硬膜外麻酔による無痛分娩とは

横浜にある聖ローザクリニックでは、分娩法のひとつとして、無痛分娩による出産をサポートしています。無痛分娩には数多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。両方をしっかりと知っておくことが大切です。

【無痛分娩のメリット】

  • 陣痛の痛みが大幅に軽減できる
  • 痛みや不安によるストレスが軽減できる
  • 陣痛による体力消耗を防ぎ、産後の回復スピードが早まる
  • 筋肉の緊張がほとんどないため、子宮口が開きやすい
  • 痛みをコントロールした状態で、普通の分娩と同じくいきんで出産できる
  • 呼吸が安定するため酸素が赤ちゃんに行き渡り、キレイなピンク色の肌で産まれてくる
  • 万が一帝王切開が必要になっても、硬膜外麻酔をそのまま利用できる

【無痛分娩のデメリット】

  • 高度な医療技術、熟練の技が必要となる
  • 麻酔の効き目や安全性のチェックなど、施行や管理に手間が必要
  • 子宮の収縮力が弱い、微弱陣痛となることがある
  • 分娩費用が高額になるケースが多い

上記のようなデメリットに対して、聖ローザクリニックでは、硬膜外麻酔を使用し、的確に対処しています。

硬膜外麻酔とは…

背中からチューブを硬膜外腔(こうまくがいくう)に挿入し、麻酔薬を持続注入していく方法。

麻酔の効果が出てくると、下半身の感覚が鈍くなり、陣痛や出産の痛みが軽減されます。使用する麻酔薬は非常に少量のため、赤ちゃんへの影響はほとんどないので安心。

また意識はハッキリしているので、胎児の下降や圧迫感などは感じることが可能。「お産をしている」という満足感を得られます。

日本での無痛分娩の割合はまだ数% ほどと言われていますが、欧米先進国では90%以上が硬膜外麻酔による無痛分娩を選択するほどポピュラーです。

聖ローザクリニックでは、麻酔科常勤専門医による、硬膜外麻酔を実施。高度な医療技術と熟練の技を持つ麻酔科医と、経験豊富な産科医の対応なので、安心です。

微弱陣痛に関しては、必要に応じて陣痛を補助する薬剤を投与。こちらも安全性を確認してからの投与となるため、トラブルはありません。

聖ローザクリニックの無痛分娩の費用は、無痛分娩代8万円+薬剤費実費2万円のみ。その他の諸費用はかからないそうです。

一般的な無痛分娩の流れ

  1. 診察後、胎児心拍モニターをスタート。
  2. ベッドの上で横になり、背中を丸めます。
  3. 背中を消毒し、チューブを留置する場所に局所麻酔を行います。
  4. チューブを通すための特殊な針を挿入し、チューブを留置。
  5. チューブから局所麻酔薬を少しずつ注入し、安全を確認します。
  6. ベッドの上で安静にして過ごし、分娩の進行を待ちます。
  7. 子宮口が全開になったら分娩台で出産。
  8. 出産後、問題がなければチューブを抜去。2~3時間で麻酔の効果はなくなります。