聖ローザクリニックの確かな医療技術と豊かなサービスを紹介

計画分娩

横浜で人気の聖ローザクリニックでも行われている、計画分娩の概要を紹介します。

計画分娩の特徴

計画分娩とは、出産する日にちをあらかじめ決定し、分娩誘発を行う方法です。出産寸前まで仕事をしたい人や、家族で落ちついて出産を見守りたい場合などは、計画分娩を選ぶケースが多いようです。

前もって出産日が決まっているので緊張感や不安が少なく、リラックスして過ごせたり、準備がしやすいのもメリットです。

また近年は、産婦人科の不足が危惧されています。計画分娩は「急な陣痛が起こっても、かかり付けの病院までが遠い…」などの不安要素対策としても、注目されています。

計画分娩の手順
    入院…計画分娩の前日もしくは当日に入院。計画分娩の日程については、臨月に入った時点で医師と相談して決定します。不安や疑問があれば、納得いくまで質問して解消しておきましょう。
  1. 事前検査…赤ちゃんの心拍数や、妊婦の血圧や心拍数などを検査。心電図や陣痛の状態を測定する、分娩監視機を装着するのが一般的です。
  2. 陣痛促進剤…事前検査と準備が整ったら、病室や分娩室で陣痛促進剤の点滴を開始。個人差はありますが、しばらくすると軽い陣痛が起こり、通常分娩と同じく次第に強くなっていきます。陣痛促進剤にも種類がありますので、どんな薬剤を使用するかも確認しておくと良いでしょう。
  3. バルーンの挿入…陣痛の感覚が短くなってきたら、子宮口にバルーンを挿入。胎児の下降を促します。初産の場合は子宮口が硬く、開きにくいケースがあるようです。こういった場合の対処法についても聞いておくといいですね。
  4. 出産…子宮口が広がるとバルーンが抜けます。内診し、子宮口がしっかり開いていれば分娩となります。